社名プレート、店舗看板、表彰、認定、寄贈プレートを格安価格で1枚から製作します【格安プレート専門店】

データ作成時の注意点

イラストレーター形式、office形式でのデータ作成について説明しています。データに不備がありますと印刷物が意図しない印刷結果になったり、納期が遅れたりする可能性がございます。以下にデータ作成時の注意点を記載いたしますので、下記ご確認の上データ作成をお願いいたします。

Illustratorでのデータ作成について

ai,epsでのデータ入稿
プレートのイラレデータチェック1 IllustratorのCS6以下で保存してください。
※ファイル形式[ai]で保存してください。
プレートのデータ作成
プレートのイラレデータチェック2 CMYKカラーで作成してください。
※RGBモードの場合は印刷後の色が大きく変わってしまう可能性があります。
プレートのデータ作成
プレートのイラレデータチェック3 アウトラインをかけてください。
※フォントが別のフォントに置き換わってしまう可能性があります。
プレートのデータ作成
プレートのイラレデータチェック4 300dpiのPhotoshopEPS、JPEG、PNG、TIFFなど
※その他のデータの場合はお問い合わせください。
プレートのデータ作成
プレートのイラレデータチェック5 リンクではなく埋め込みで配置してください。
※リンク配置による入稿データ漏れなどが起きますと、納期が遅れます。
プレートのデータ作成
プレートのイラレデータチェック6 原寸サイズで作成してください。
※印刷サイズはこちらからご確認いただけます。→データサイズ一覧

Illustratorでデータを作成された方へ

■カラーモードについて

カラーモードCMYKにてデータを作成してください。
特色・カスタムカラー・RGBは使用しないで下さい。指定どおりの色で印刷できません。

データ作成はCMYKで作成してください
<カラーモードはこちらより確認できます>
配色もCMYKにて指定をお願い致します
<配色もCMYKにて設定してください>

■アウトライン化について

【操作手順】データを全選択→「書式」タブのクリック→「アウトラインを作成」をクリック

イラストレータでのアウトラインの作成方法

アウトライン化されていないと、弊社でファイルを開いた際に書体が正しく反映されないことがございます。アウトライン処理を忘れた場合、作成したデータとは違う仕上がりになったり、印刷に進めず納期が遅れたりする可能性がございますのでご注意ください。

<アウトライン作成前のデータ>
アウトライン化する前のデータ
<アウトライン作成後のデータ>
アウトライン化した後のデータ

■画像の配置について

画像を配置するときは、リンク切れを防ぐため「埋め込み」してください。
リンク切れのあるデータをご入稿された場合、納期が遅れますのでご注意ください。

データは埋め込みで配置してください。

リンクパレットでリンクか埋め込みかを判断できます。埋め込みされているアートワークには、ファイル名の横に絵柄のアイコンが配置されています。リンク配置になっているアートワークはアイコンが何も表示されていないので、埋め込み作業を行います。リンクパレットの右上のメニューバーから、「画像を埋め込み(D)」を選択してください。

データは埋め込みで配置してください。

■原稿の範囲について

原稿範囲を表す罫線を必ず作成してください。
*べた塗りの場合は必ず5mmの塗り足しをつけてください。

罫線の細さと描き方
原稿範囲一覧はこちら▼

■画像の解像度について

画像の解像度は原寸で300dpi程度になるよう作成してください。
解像度が低い場合、印刷したときに画像が粗くなってしまいます。

解像度による印刷時の仕上がり比較

■フォルダの構成について

フォルダの中身には

  • 「アウトライン化したAIファイル」
  • 「出力見本」

を入れて入稿してください。 出力見本は[sample.jpg]と名前を付けJPEGで保存し、入稿ファイルと一緒に入稿してください。

■罫線の描き方と線幅について

罫線は「塗り」ではなく、「線」で色を作成してください。
また、線幅は0.3pt以上の太さにて作成をお願い致します。線が細すぎますと印刷が出来ない場合がございます。

罫線の細さと描き方

困った時は、ご連絡ください。

Office系ソフトでのデータ作成について

officeソフトでのデータ作成
プレートのデータ作成
プレートofficeデータチェック1 ご入稿いただいたOffice系データを元に、弊社で印刷用のデータへと変換を行います。
データの変換料として、1データにつき2,000円(税抜)いただいております。
プレートのデータ作成
プレートofficeデータチェック2 弊社環境にないフォントでデータを作成された場合、似たフォントでの代替となります。
※印刷前に確認画像をお送りしますので十分なご確認をお願い致します。
プレートのデータ作成
プレートofficeデータチェック3 Officeデータ内で使用した画像は、配置した際に圧縮され画質が悪くなる可能性があります。
データ内に配置する前の元画像を、ご一緒にご入稿ください。
プレートのデータ作成
プレートofficeデータチェック4 印刷見本として、データのスクリーンショットかPDF化したデータを必ずご入稿ください。
※見本を元にデータを変換します。入稿がない場合、変換ができず納期の遅れに繋がります。
プレートのデータ作成
プレートofficeデータチェック5 Office系データはカラーモードRGBですが、印刷はCMYKにて行います。
弊社にてRGBからCMYKに変換する際、色味が大きく異なる場合があります。
※印刷前に確認画像をお送りしますので十分なご確認をお願い致します。
  RGB
 
 
 
CMYK
 
 
 

困った時は、ご連絡ください。